最短で受かる。メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコースの出題傾向分析。

スポンサーリンク

メンタルヘルスケアマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコースに合格した経験から

出題傾向分析をして勉強する範囲を限定した最短で合格するための方法をお伝えします。

時間がない人、学習範囲が広く困っている人、時間をかけて学ぶ人などこれから試験を受ける方の参考になりますのでご覧ください。

また、これから勉強に取り組むけどどうしたらいいか分からないという方はこちらで詳しく説明していますので是非、合わせてご覧ください。

一発合格できる!メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコース、60日で合格した受験対策 | なすたろうの営業所 (nasutaro.com)

 

直近5回分の出題傾向分析

 

出題内容と出題傾向分析

100点中70点で合格

以下の表をご覧ください。※参考資料 2020年度 メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコース過去問題集より

メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコースは

第1章 ~ 第7章で構成されています。所要時間は2時間、問題数は50問、合格は70点。

所要時間は2時間、つまり120分。問題数は50問なので1問につき2分以上時間を使うことができます。※回答方式はマークシートの塗りつぶし。見直しをする時間が十分あります。

ポイントは70点で合格ということです。1問2点ですので15問=30点までは間違えてもOKです。

要するに35問確実に正解すればよいのです。

最短で35問正解するのには出題傾向を知って勉強する範囲を絞り、優先順位をつけて取り組みましょう。

重点勉強ポイント

以下の表をご覧ください。※参考資料 2020年度 メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種ラインケアコース過去問題集より

この表は直近5回分の出題内容をまとめて分析した表です。

この表に基づいて合格ライン70点を取れる最適な勉強を行ないましょう。

※優先順位の表し方

Aランク = 優先度が高い

Bランク = 優先度がやや高い

Cランク = 優先度が低い

第1章~7章について

第1章 優先順位 Aランク

第1章はとても出題数の多い傾向となっています。

過去、250問中55問(構成比22%)平均で11問が出題されており優先順位は高い。

重点ポイントは

1-2.法制面での意義

1-3.企業にとっての意義

1-5.管理監督者の役割

特に1-2.法制面での意義は出題傾向も高く力を入れる必要があります。

しかし、法律関係の問題ですから苦手意識を持ちがちです。繰り返し取り組んで正解率を高めましょう。

第2章 優先順位 Cランク

第2章は出題数の少ない傾向となっています。

過去、250問中20問(構成比8.0%)平均で4問が出題されており優先順位は低い。

重点ポイントは

2-1.ストレスの基礎知識

全体的に出題数は低めですが、第2章全体をある程度は把握しておきましょう。

第3章 優先順位 Cランク

第3章は出題数の少ない傾向となっています。

過去、250問中20問(構成比8.0%)平均で4問が出題されており優先順位は低い。

重点ポイントは

3-1.職場環境などの評価方法

全体的に出題数は低めで、第3章の3番目の項目は特に出題傾向が低いということを知っておきましょう。

第4章 優先順位 Aランク

第4章はとても出題数の多い傾向となっています。

過去、250問中60問(構成比24%)平均で12問が出題されており優先順位は高い。

重点ポイントは

4-1.部下のストレスへの気づき

4-2.ストレスへの対処、軽減の方法

4-3.プライバシーへの配慮

特に4-1.部下のストレスへの気づき

4-2.ストレスへの対処、軽減の方法

出題傾向も高く力を入れる必要があります。

第5章 優先度 Bランク

第5章はやや出題数の多い傾向となっています。

過去、250問中45問(構成比18%)平均で9問が出題されており優先順位はやや高い。

重点ポイントは

5-1.相談対応の基盤

5-2.早期発見のポイント

5-3.管理監督者が話を聞く意義 -自発的な相談の重要性-

5-4.不調が疑われた時の対応

第5章は出題が全体をまんべんなくしてあるので各項目を広く把握する必要があります。

第6章 優先度 Bランク

第6章はやや出題数の多い傾向となっています。

過去、250問中30問(構成比12%)平均で6問が出題されており優先順位はやや高い。

重点ポイントは

6-2.社外資源とその役割

6-3.専門相談機関の知識

第6章は出題が全体をまんべんなくしてあるので各項目を広く把握する必要があります。

第7章 優先度 Cランク

第7章は出題数の少ない傾向となっています。

過去、250問中20問(構成比8.0%)平均で4問が出題されており優先順位は低い。

重点ポイントは

7-2.管理監督者による職場復帰支援の実際

第7章では出題項目があまり一定しておらず、統計的には7-2の確率が高いので取り組みましょう。

それでは、まとめいきましょう。

まとめ

  1. 第1章~第7章 優先順位を決めて取り組みましょう
  2. 各章でも項目ごとに出題傾向があるので優先順位を決めましょう
  3. 優先順位によっては深くせまく、浅く広くを使い分けましょう。

さいごに

出題傾向を把握し効率の良い勉強に取り組むことでモチベーションの向上、維持に繋がれば合格が近づくと思います。この記事を読むことで合格に一歩でも近づいてもらえたら幸いです。

 




仕事
スポンサーリンク
nasutaroをフォローする
なすたろうの営業所

コメント

タイトルとURLをコピーしました