ココロン COCORON 編

スポンサーリンク

どうも、なすたろうです。今日もやっていきましょう。

ファミコンソフト

ココロン 編 【タケル】

◇ソフト紹介◇

名称    ココロン
ジャンル  アクション
会社    タケル
発売日   1991年5月3日
プレイ人数 1人

◇発売日の1991年5月はこんなことがあった◇

東京都港区芝浦にジュリアナ東京がオープン

『お立ち台』『ボディコン』『ジュリ扇』などの流行を生み出したディスコである。パツパツの短いスカートのお姉様方が扇子を振り回して踊り狂っている画像をテレビで見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。1991年~1994年の4年間とい短い期間ですが強烈なインパクトを残した社会現象でした。

◇ココロン 概要◇

舞台は夢の世界、『テイパー』という魔法使いが現れて悪い奴らにさらわれてしまった夢の国のお姫様の『ルーア姫』を助け出すための冒険の旅に出かけようと言われる。主人公は夢の世界ではどんな姿にもなれると『テイパー』言う。

◇キャラクター作成◇

【フェイス選択】

8種類から選択をする。各カテゴリーからさらに3種類のパターンが選択できて合計24種類のフェイスパーツがある。正義の味方、ロボット、骸骨、モンスターと多様な種類がありかなり悩む。

【ボディー選択】

8種類から選択をする。各カテゴリーからさらに2種類のパターンが選択できて合計16種類のボディーパーツがある。空を飛ぶ、水の上を移動できる、坂道でも滑り落ちないといった特殊能力を付けることができる。

【アームズ選択】

8種類から選択をする。各アームズに個性がある。

アームズ選択後に名前を入力すると

キャラクタープロフィールが作成されて、作成したキャラクターをお試しで動かすことができる。

ライフポイントは最大で40ポイント

パワーアップポイントは各ステージで獲得していく。最大は20

アタックポイントは各アームズによって変化する。

ウエイトは重いほどスピード・ジャンプ力が低い。軽ければスピード・ジャンプ力が高い。

ウエイトを軽くしてスピード・ジャンプ力が高いがライフポイントが低くなるので耐久性が下がってしまうこともある。正直移動力が低いといって、ロックマンがくらいのスピード・ジャンプ感なのでそんなに不都合はない。ライフポイントを最大にしてロックマン系のキャラクターが最強だと思われる。耐久力の差はかなり差が出ます。

【ステージセレクト】

妖精の森、星降る丘、かき氷の山、トランプの城、ミルクの海

5ステージから選択してどのステージからでもOK。各ステージにはBOSSキャラがおり倒すことで物語がすすんでいく。

BOSSを倒すたびにテイパーが現れてキャラクターを増やしてくれる。最大で6体のキャラクターを作成することができる。

◇ここが良い点◇

キャラクターを自分好みにカスタマイズできることが最大の特徴。24種類のフェイス、12種類のボディー、8種類のアームズがあるので自分好みの主人公を作り出すことができる。キャラクターをカスタマイズできるという内容のアクションゲームは類をみないので斬新です。

最大6体のキャラクターしか作れないので、8種類あるアームズを全て使うためにはもう1週やることになるのでクリアーしても2回目も楽しめます。

バッテリーバックアップ機能が搭載されているので、コンティニューが可能である。

◇ここがいまいちな点◇

ラスボスが『テイパー』というのはいいのですが、テイパーを倒すと再度テイパーと戦うことになります。ここで何か大きな変化があればいいのですがステージ背景も同じ、攻撃も少し変化した程度なのでガッカリします。正直、またテイパーかい!!倒し終わるとこれで終わりなんかい!!となります。

◇裏技は???◇

特になし!!テイパーが食べてしまったのかもしれませんね。

◇ゲームの思い出◇

カスタマイズできるという新鮮さからこれまでのアクションゲームのキャラクターと違うものにしたいと欲張り過ぎた結果。

スピード・ジャンプ力が以上に高いが耐久力が全然ない、近距離専用アームズのフラワーを装備するなどをして使いづらいキャラを量産していました。

行き詰った結果、ライフポイント最大、アタックポイント最大の手裏剣を装備したアクションゲームの王道キャラクターが最強ということに落ち着きました。まぁ、要するにロックマンですね。

ロックマンの偉大さを痛感させられました。

🔷 なすたろうの評価 🔷

デザイン ★★★☆☆
キャラ  ★★★☆☆
操作性  ★★★★☆
音楽   ★★★☆☆
内容   ★★★★☆
難易度  かんたん

総合評価 ★★★★☆【良作】

総合評価は良作としています。

継続して遊ぶことはないのですが、時間を空けてプレイすると抜群に面白いです。

何といってもキャラクター作成につきます。

あーじゃない、こーじゃないとプレイしたことがある人であればあるほど悩ましいのではないのでしょうか。

製造は株式会社タケルというコンピューター開発会社。ゲームソフト自動販売機のソフトベンダーTAKERUとは無関係です。

ファミコンを楽しもう。

では、また!!

レトロゲーム
スポンサーリンク
nasutaroをフォローする
なすたろうの営業所

コメント

タイトルとURLをコピーしました