コブラコマンド 編

スポンサーリンク

どうも、なすたろうです。今日もやっていきましょう。

ファミコンソフト

コブラコマンド 編 【ウィリピーン】

◇ソフト紹介◇

名称    コブラコマンド
ジャンル  シューティングゲーム
会社    データイースト DECO
発売日   1988年10月21日
プレイ人数 1人

◇発売日の1988年10月はこんなことがあった◇

日本テレビでクイズ番組『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』が放送開始。

【さぁ〜みんなで考えよ~】
クイズ出題後にシンキングタイムへ入る際の掛け声。

【何を作っているんでしょ~か】
早押しクイズの問題VTRをスタートする際の掛け声。

が有名ですが、個人的には【横取り40萬】が1番インパクトありました。

サングラス掛けた故・山城 新伍さんがなぜか印象深い。

回答者ではダウンタウン、ジャイアント馬場、田代まさし、蓮舫、山口智子、飯島愛とかなり幅広い分野で活躍していた人がゲスト出演していました。

◇コブラコマンド 概要◇

戦闘ヘリを操作して物語を進めていく横スクロールシューティングゲーム。

機銃とミサイルで敵軍隊を倒しながら捕虜を救出することが目的。

アジアの戦争で敗北して多くの犠牲をうけた。戦争によって残された仲間たちを救出して、裏切りをしたロバーツ大佐の王国を滅ぼすために戦うといのが物語の大筋。

シューティングゲームだが被弾しても即ミスではなく何発か被弾しても飛行することは可能。あまり受けると墜落しやすくなるか、完全に墜落する。何発か被弾してもいいというのはとても助かるが、壁への接触はかなり判定が厳しい。かなり慎重にやらないと壁に触れた程度でも潰れてしまう。

敵の基地に内に潜入すると補給施設がある。被弾した分が回復してアイテムが増えてヘリを強化することができる。大体その時に手に入れた装備で事足りる。

エンジンについてはノーマル、スーパー、ハイパーとなんとも分かりずらい表し方になっている。

捕虜を20数人乗せて、地下の遺跡や基地にヘリコプターで直で乗り込んでいくのは正気の沙汰ではない。そりゃ壁や天井にぶつかるって。。。

◇ここが良い点◇

補給地点を逃さずに見つけられれば、機銃がダブルや連射機能になったり。ホーミングミサイルや爆撃、捕虜救助用のロープなどグレードアップできるのでカスタムしていく楽しさがある。

ゲーム中盤から終盤は特攻をかけてくる敵と対峙するにはグレードアップが必須。装備を整えてクリアできると嬉しい。

◇ここがいまいちな点◇

ヘリを左右の画面端に持っていくと背景から動き出す為に左右の動きが小さいので敵からの攻撃が避けにくい。これを防ぐのに反転させてバック飛行がある。バック移動すると敵と遭遇した時攻撃を受けやすい上に、画面端から敵機が出現するのでほぼゼロ距離になるので即死する。

遺跡や基地に出現する戦車などは放っておくと、空中をバックして走りだしたり、突然猛スピードでバックして画面外に出てしまうという奇行が見れる。戦争は人をおかしくさせるんですね。

◇裏技は???◇

モーゼヨ ワレワレハ ウラワザヲミツケルコトガ デキナカッタ

◇ゲームの思い出◇

補給施設の存在は知っていたのですが、装備を変えられることを知らなかったのでずっとシングル機銃とシングルミサイルで戦い続けていました。そりゃクリアできないよ。面白さもわからないし。捕虜のヘルプ!、ヘルプ!という音を声マネしてして笑っていたおバカさんでした。

🔷 なすたろうの評価 🔷

デザイン ★★☆☆☆
キャラ  ★★★☆☆
操作性  ★★☆☆☆
音楽   ★★★☆☆
内容   ★★★☆☆
難易度  むすかしい

総合評価 ★★★☆☆【凡作】

総合評価は凡作としています。

パッケージデザインのCOBRA COMMANDという文字が迷彩柄で読みずらい。スクロールが遅くなる点と接触の判定が厳しいという点これらがマイナスだけども、けっこう面白い内容。カスタムして自分の好きなようにアレンジして進んでいく自由度は楽しい。結構難しいけど慣れていけばクリアもしやすくなってやりこんでクリア目指したくなるいい感じの難易度だと思います。

ゲーム内のSTAGE4は【ウィリピーン】という国が舞台になっています。なんとなく響きが好きなんで使ってしまいました

ファミコンを楽しもう。

では、また!!

レトロゲーム
スポンサーリンク
nasutaroをフォローする
なすたろうの営業所

コメント

タイトルとURLをコピーしました