ドラゴンスピリット 新たなる伝説 編

スポンサーリンク

どうも、なすたろうです。今日もやっていきましょう。

ファミコンソフト

ドラゴンスピリット 新たなる伝説 編 【ゴールドドラゴン!!】

◇ソフト紹介◇

名称    ドラゴンスピリット 新たなる伝説
ジャンル  シューティングゲーム
会社    ナムコ
発売日   1989年4月21日
プレイ人数 1人

◇発売日の1989年4月はこんなことがあった◇

32年前 任天堂が初代ゲームボ-イを発売

発売当時はまだ幼かったこともあり興味を持ちませんでしたが、

小学生になったらもう欲しくて欲しくてたまりませんでしたね。

今でこそ当たり前になりましたがいつでも、どこでも、ゲームができるなんて最高と思い、当時12,800円をお年玉で買いました。

テトリス、Sa・Ga、カービィ、ポケモンと挙げたらきりがないぐらい熱中させてもらいましたね。

あなたはどうですか?ゲ-ムボ-イとの思い出はありませんか?

◇概要◇

縦スクロールのアクションゲーム。

同社の『ゼビウス』と同じで対空の敵と地上の敵を倒す必要がある。

この2つを同時並行しなくてはいけないから、いい感じで難易度があります。

ロケット、戦闘機、ヘリなどが多い中でドラゴンを操るという斬新な内容。

闇の魔王ザウエル、王国の王女アリーシャ姫、魔物、聖剣、ブルードラゴンといったファンタジーな世界観で舞台は西洋っぽい。

各ステージにパワーアップアイテムがあるので獲得するとドラゴンがパワーアップして攻撃力を増したり、変化して成長して進めていく。

攻撃が強くなったり、首が2つ3つになったり、小さくなったり、色が変わったり、、、

バリエーションが豊富で面白いんです。

◇ここが良い点◇

登場人物が美男美女が多いです。笑

ライフゲージがあるので一発アウトでないところがいいですね。

被弾したらパワーダウンするけど納得できるシステム。

パワーアップのバリエーションが豊富でステージによって使い分けることでステージを優位にすすめることができる。

1番は音楽。やっぱり名作の条件としてはいい音楽だと個人的に思っています。

ドラゴンスピリットもいい曲が多くて、

ステージの情景にあった音楽、BOSS戦闘時の音楽、対話中の音楽、

どれも印象的で耳が覚えやすい音楽が流れてきます。

子供の頃、プレイしていたゲームってキャラも内容もセットで覚えているもんですが、

特に名作は音楽も併せて覚えていられる。少ない要領で印象的な音楽を作り出していた先人の偉大さを感じずにはいられないです。

◇ここがいまいちな点◇

あまり見当たらないんですが、

音楽が聴き取りやすい反面、効果音が少し物足らないかなっ!!程度ですね。効果音がもっと強く出ていたらもっと迫力のあるゲームだったんではないかと思います。

◇裏技は???◇

🔹ドラゴンが20機になる
ブルードラゴンでもゴールドドラゴンでもOK。

0面をプレイ。0面のあとのタイトル画面で、コントローラⅡのA、Bボタンを押したままスタートボタンを押すとドラゴンが20機になる。

🔹サウンド&ステージセレクト
タイトル画面でコントローラⅡの上とA、Bボタンを押しながらリセットするとサウンドセレクトの画面になる。ここでコントローラⅠの左右で選曲、Aボタンで聞くことができる。

コントローラⅡを上、上、B、下、下、Bの順に押すとステージセレクトができる。

コントローラⅡの左右でステージを選び、スタートで選んだステージから始めることができる。

🔹真のエンディング
エンディングのイリスがドラゴンの上に乗っているシーンでセレクトをひたすら連打する。

20回ぐらい連打すると、イリスのスカートがめくれる。

◇ゲームの思い出◇

ゴールドドラゴンでプレイをしてクリアした気になっていた子供時代。

楽勝、楽勝、そんな風に思っていました。

よくわからずにやっていたけど、ブルードラゴンモードでやっていなかったなんてもったいないことをしていたと大人になって気づかされましたね。

🔷 なすたろうの評価 🔷

デザイン ★★★★☆
キャラ  ★★★★☆
操作性  ★★★★☆
音楽   ★★★★★
内容   ★★★★☆
難易度  ふつう

総合評価 ★★★★★【名作】

総合評価は名作としています。

ストーリー、キャラクター、システム、操作性、音楽、どれをとってもいいです。

裏技も残機を20にしたり、ステージ0でクリアできなければゴールドドラゴンの『EASYモード』でプレイヤーの救済をしてくれている点もいいです。

全体的にバランスがよくて優等生です。

そんな優等生なゲームですが、、、

海外版のパッケージを見た時にかなりの衝撃を受けました。

別人だし、なんでこうなった!!といわんばかりのビジュアルです。

このビジュアルじゃ、売れなかったんじゃないかと思います。

ファミコンを楽しもう。

では、また!!

レトロゲーム
スポンサーリンク
nasutaroをフォローする
なすたろうの営業所

コメント

タイトルとURLをコピーしました